著作権を侵害しない無料(パブリックドメイン)画像の探し方

無料画像はパブリックドメインを

メニューやPOPを作成するときに、背景や飾りに画像が欲しいときがあります。
一番手っ取り早いのはWEB上で画像を検索して使うというやり方ですが、これには注意が必要です。写真やイラストには通常、著作権があります。また無料・フリーと書かれていても著作権者が利用を制限している場合があります。
よくあるのが商用利用不可/Free for non commercial use onlyの場合です。飲食店のメニューに使う場合はもちろん商用にあたります。

パブリックドメインとは

パブリックドメイン(public domain)とは聞きなれない方も多いかと思いますが、作品に著作権が発生していない状態をいいます。
著作権には保護期間(原則として作者の死後50年)が有り、その期間が経過したものは著作権が消滅します。そんなに古い写真やイラストは使えないと思うかもしれませんが、著作権は作者の意思で公開時に放棄することも出来ます。
似たようなものにクリエイティブ・コモンズ・ライセンスというのが有りますが、このライセンスには段階的に使用条件が付帯していて、パブリックドメインと同等に使用制限が無いのがCC0といわれるものです。
パブリックドメインとなった作品は無料で、しかも安心して使うことができます。そんなパブリックドメインのイラストや写真を探すことが出来るサイトを紹介します。

openclipart

openclipartは無料のイラストを探すのに一押しのサイトです。英語のページしかなく、検索も英語ですが(日本語ではほとんどヒットしません)、きわめてシンプルな作りのサイトなので英語が全くわからなくても大丈夫です。
検索キーワードはfood/frame/border/pattern/background/ornament等がおすすめです。

エクセルやワードといったMSオフィスユーザーにとって有り難いのはWMF形式でもデータをダウンロード出来ることです。 ダウンロードしたい形式のボタンをクリックするとダウンロードが始まります。

イラストの多さと品質は際立っています。メンバー登録の煩わしさもありません。
openclipartで「japan」と検索してみました。エクセルのクリップアート検索で表示される結果とは雲泥の差がありますね。openclipartに掲載されているイラストはすべてパブリックドメインです。

openclipart https://openclipart.org/

pixabay

Pixabayは有料ストックフォトと遜色ない写真を無料でダウンロードできるサイトです。Pixabayでダウンロードできる画像は全て、Creative Commons CC0(Public Domain)なのでお店で使用する印刷物にも安心して使用できます。
使い方も簡単で、登録しなくてもダウンロードできます(未登録の場合ダウンロードのたびに認証コードの入力が求められますが)

高品質の写真がたくさんストックされており、日本語のページもあります。ただし検索は英語のほうが多くヒットします。イラストも検索できますがダウンロードできるベクター画像がSVG形式なのが残念です(エクセル単体でSVG形式は扱えません)イラストの検索はエクセルユーザーはopenclipartをおすすめします。
尚、一番上の列のロゴ入りのものは有料なので気をつけてください。

pixabay https://pixabay.com/

最後に

このように大変有り難いパブリックドメインの画像ですが、どんな使い方をしてもいいというわけではありません。作者や作品を誹謗中傷するような使い方やモデルの品位を貶めるような行為は著作権とは別の法律に触れる場合があるので注意してください。また企業のロゴやキャラクターが写っている写真や顔が判別できる不特定多数の人物が写っている写真は避けた方が賢明です。



オフィスUTの内山と申します。北海道旭川でSOHO(Small Office Home Office)を営んでいます。小さな飲食店の便利屋さんです!お店の印刷物等でお困りの方は気楽にご相談ください。


コンテンツ

ココナラに出品してご好評を頂いています。ぜひご利用ください!

ココナラ出品サービス

写真入り飲食店メニュー作成します 写真入りのメニューは訴求力が違います。売上増に貢献します! サイズ・デザイン変更可能、迅速に対応致します エクセル・ワードでクリップアート感覚で使える見やすい地図です